有料会員限定記事

WILLER MaaS Meeting 2022レポート、「mobi」で全国22エリア22課題を解決

有料会員限定記事

2022/3/4(金)

左より古田氏、西鉄の日髙氏、富士通の平賀氏、NTTドコモの緒方氏、WILLERの村瀨氏(提供:WILLER)

左より古田氏、西鉄の日髙氏、富士通の平賀氏、NTTドコモの緒方氏、WILLERの村瀨氏(提供:WILLER)

WILLER株式会社(以下、WILLER)は2月7、8日の2日間、「MaaS Meeting 2022」をオンライン配信で開催した。3回目となる今年のテーマは「ポストコロナでMaaSが次のフェーズへ!今、社会がどう変わり始めたのか?」。イベントでは、日本各地でAIオンデマンド交通を運行する交通事業者よるトークセッションや、「交通×α」を切り口とした異業種との連携など、「移動」についての多岐にわたる話題が繰り広げられた。1日目の様子をレポートする。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 120708
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る