ニュース

WILLER、観光 MaaS アプリをリリース ひがし北海道と京都丹後鉄道沿線で 8 月から

2019/7/22(月)

WILLER は7月19日、観光MaaSアプリケーション「WILLERS アプリ」をリリースすることを発表した。8月からひがし北海道と京都丹後鉄道沿線地域を対象エリアとし、サービスを開始する。
WILLERS アプリは、行きたい観光地や体験したいアクティビティと、そこに行くための交通を 1 つのアプリで検索・予約・決済するサービス。出発地と目的地の 2 地点を検索できるだけではなく、途中 5 カ所までの経由地を指定して検索ができる。経由地は駅や空港、バス停、観光地のほか、レストランバスやカヌーといったアクティビティの選択の他、滞在時間を設定することも可能。この検索結果にはルート周辺のアクティビティが推奨され、予約が必要な交通と一緒に予約することができる。10 月からは英語・中国語など、多言語にも対応する。


なお、両地域でのWILLERの取り組みは、国交省の「新モビリティサービス推進事業」の「先行モデル事業」の19事業のうち、「ひがし北海道観光型MaaSにおける移動及び車両データ収集、利活用実証」が観光地型として、「京都丹後鉄道沿線地域での地方郊外型WILLERS MaaS事業におけるQRシステム導入実証」が地方郊外・過疎地域型として選定されている。

「WILLERS アプリ」によるサービスの提供で、日本の地方が抱える観光における 2 次交通不足やインバウンド対応などの課題を解決していく。

ログイン

ページ上部へ戻る