ニュース

トヨタ、オリパラ専用開発モビリティ「APM」の開発 ラストワンマイルの提供や救護対応

2019/7/19(金)

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM(Accessible People Mover)」を開発した。
トヨタは、大会を通じ、「すべての人に移動の自由を(Mobility for All)」提供することにチャレンジしている。「APM」ではこのコンセプトを最大限に織り込み、大会関係者や選手のほか、高齢者、身体の不自由な人々、妊娠中や乳幼児連れの観客などアクセシビリティに配慮が必要な様々な来場者に対し、ラストワンマイルのソリューションを提供することで、より多くの人が快適に競技会場に足を運べるよう努めている。

また、一部車両は、夏季の大会における会場内の救護活動にも利用予定。大会期間中は、約200台の「APM」が競技会場、選手村など、様々な大会施設内で来場者・大会関係者の移動をサポートする。

主な特長

1.「基本モデル」 より多くの人々の試合観戦をサポートすべく、ラストワンマイルの「足」を提供

広大な会場敷地内での来場者・関係者輸送に適した短距離・低速型EV。
大会関係者や選手のほか、高齢者、身体の不自由な人々、妊娠中や乳幼児連れの観客など多様な利用者を想定。

3列シートで、1列目が運転席、2列目が3人掛け、3列目が2人掛けの計6人定員。車いす利用時には、2列目の折り畳みが可能。

運転席のシートポジションが高い位置かつセンターに設けることで、運転手が乗客を見渡し、乗り降りをサポートしやすい安全性に配慮した設計。

乗客席は、両側からのアクセスが可能で両サイドの乗り降り補助バーを設置。車いす用のスロープや車いす固定用のベルトも搭載。

2.「救護仕様」 大会中の救護活動に対応

基本モデルをベースにしつつ、2列目、3列目の半面にストレッチャーがそのまま搭載できる仕様に。また、救護が必要な人をより安定した状態で搬送できるよう、ストレッチャーの固定台を搭載。
ストレッチャーの横には、救護スタッフ2名分の座席も確保。

トヨタは2017年に「モビリティカンパニーへ変革」と宣言して以来、ニーズに合わせた様々なモビリティを開発してきた。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けるトヨタの取り組みが大いに期待される。

ログイン

ページ上部へ戻る