有料会員限定記事

観光MaaS「setowa」に込めた思いとは?

有料会員限定記事

2022/3/4(金)

鞆の浦(写真提供:広島県)

鞆の浦(写真提供:広島県)

西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)が提供するせとうち観光ナビ「setowa」は、観光情報に特化したユニークなMaaSアプリだ。四国全域、岡山県、広島県、山口県の瀬戸内エリアが対象で、旅のスケジュール作成、新幹線のチケット代・ホテル宿泊費の決済機能はもちろん、観光情報や「setowa」でしか購入できないsetowa周遊パスを始め、観光チケットを100種類以上用意しているのが特徴で、少しずつユーザーを増やしている。

リリースから1年半が経過し、認知度も徐々に高まりつつある「setowa」。JR西日本 デジタルソリューション本部 戦略企画室長の神田隆氏に、開発の背景やこれまで培ってきた知見、今後の展開まで話を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 119980
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る