ニュース

BMW EVコンセプトカー「i ビジョン・ダイナミクス」などを発表 フランクフルトモーターショー2017 

2017/10/13(金)

新型EVの「MINI E」

BMW 電気自動車 地道な基礎開発の成果-「iビジョン・ダイナミクス」など発表

「This is tomorrow. Now.」と題され開催されたフランクフルト・モーターショー2017でのBMWグループの展示会において、EVコンセプトカーのBMW「i ビジョン・ダイナミクス」が公開された。

EVコンセプトカー「i ビジョン・ダイナミクス」



「i3」「i8」に続いて投入する新たな電動モデルを示唆したコンセプトカーだ。4ドアのグラン・クーペのデザインは、これからのBMWブランドの一つの未来への方向性を示唆している。モーターやバッテリーのスペックなどの詳細は公表されていないが、モーターが4輪を駆動する4WDとなり、1回の充電での航続は600kmと、高い実用性を発揮する。動力性能に関しては、0~100km/h加速が4秒以内、最高速は200km/h以上の性能を備えている。

BMWの電動モーター



また、MINIブランドも、都市近郊で使用することを想定されたピュアEVモデルMINI「エレクトリック・コンセプト」を公開した。BMWの取締役会メンバーでMINI、ロールス・ロイス、BMWモーターサイクルの責任者であるピーター・シュヴァルツェンバウアーは「特徴的なゴーカート・フィーリングと強力な電気モーター、MINIエレクトリック・コンセプトは、日常の足として完璧に使えると同時にゼロ・エミッションを実現することができ、素晴らしいファン・トゥ・ドライブを提供します。このコンセプトカーは将来の電気自動車がどのようなものかを垣間見せるものだと考えています」と語った。

電動スクーター コンセプト リンク



MINIブランドにおいて重要な「都市における移動手段」という要素と電気駆動の特性をミックスし、今後ピュアEVによる日常がどのようになるかを示した今回のモーターショー。MINI Eで電動化への先駆的な取り組みを始めてから10年が経過し、その間「i」ブランドの「i3」の開発などを経て電気駆動車の開発の基礎を築き上げてきたBMWグループのこれからの電気自動車の道しるべ的な存在となるだろう。

ログイン

ページ上部へ戻る