ニュース

エアロネクスト 日本初、ドローンによる都市部での配送実証実験を行う

2019/2/26(火)

写真向かって左より、トルビズオン代表取締役 増本 衛、エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔

写真向かって左より、トルビズオン代表取締役 増本 衛氏、エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏

ドローン開発の株式会社エアロネクスト(以下、エアロネクスト)は26日、上空シェアリングサービスsora:share™を提供する株式会社トルビズオン(以下トルビズオン)と業務提携し、日本初の都市部での配送実証実験を実施することを発表した。この実験ではエアロネクストが開発した重心制御技術「4D Gravity(R)」を 搭載する水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」が使用される予定だ。また、福岡市の箱崎地区のまちづくり構想「Fukuoka Smart East」の推進に協力する形で実験が行われる。
エアロネクストの重心制御技術「4D Gravity(R)」は従来のドローン以上の安定性や信頼性から高く評価を受けている。また「4D Gravity(R)」を搭載したドローン「Next」シリーズの今後の商品化・量産化に向けて、今年の2月19日に農業機械製造大手の小橋工業との業務提携を発表した。一方、トルビズオンは、現在、小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会において議論されている「小型無人機と土地の所有権の関係」や「プライバシーの保護」といった、ドローンに対する社会受容性の課題を、ドローン空輸の際に問題となる「空路下の空中権取引」を可能にした同社開発のプラットホーム、sora:share™で解決することを試みている。トルビズオンは内閣の平井IT担当大臣へのHirai Pitch( https://bit.ly/2EpByna ) に登壇するなど、国や自治体の理解を得る動きも行っている。

エアロネクストとトルビズオンは、ドローン飛行における上空権市場の創造と新しい空域の経済化というビジョンを共有し、エアロネクストの「Next」シリーズの水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」の技術面での安全性の担保と、トルビズオンが取り組む社会受容性を高めるための上空シェアリング事業を組み合わせることで合意に至った。

今年の春には、今回の業務提携における具体的な動きの一つとして、大手物流企業と協力し、福岡市Fukuoka Smart East推進コンソーシアムでの実証実験も予定されている。都市部でのドローン配送実証実験では日本初で、産業用ドローンの市場創造への大きな一歩となることが期待されている。

水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」

水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」

ログイン

ページ上部へ戻る