ニュース

AGL 最新版 UCB 6.0リリース コネクテッド関連など開発加速へ

2018/10/17(水)

「Automotive Linux Summit 2018」で発表したUCB 6.0

「Automotive Linux Summit 2018」で発表したUCB 6.0

コネクテッドカー向けオープンプラットフォームのクロスインダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux (AGL)は、テレマティクスおよびインストルメントクラスター向けのデバイスプロファイルを特徴とするAGLプラットフォームの最新リリース Unified Code Base (UCB) 6.0を発表した。
The Linux FoundationのAutomotive Grade Linux エグゼクティブディレクターである ダン・コーシー氏(Dan Cauchy)は、「テレマティクスとインストルメントクラスターの追加は、AGLの新しいデプロイメントの可能性を広げます。オートバイ、フリートサービス、レンタカートラッキング、良質な旧式ラジオを備えたベーシックな自動車など、原則的にヘッドユニットまたはインフォテインメントディスプレイのないあらゆる車両で現在AGL Unified Code Baseを製品の出発点として利用することができます」と述べた。

数多くのメンバー企業が一体となり共同開発した AGL Unified Code Base (UCB) は、インフォテインメント、テレマティクス、インストルメントクラスター アプリケーションの事実上の業界標準となるオープンソースソフトウェアプラットフォーム。業界全体で単一のソフトウェアプラットフォームを共有することは一度の製品開発で複数の自動車メーカーに対応できる開発者とアプリケーションプロバイダーのグローバルエコシステムの成長を促進し、断片化を軽減し、市場投入までの時間を短縮することが可能だという。

既に多くのAGLメンバーは、UCBを自社の生産計画に組み込みを開始しているとのこと。Mercedes-Benz Vansは商用車向けの新しいオンボードOSの基盤としてAGLを使用しており、トヨタ自動車のAGLベースのインフォテインメントシステムは現在世界中の車両に搭載されている。

AGL UCB 6.0には、OS、ミドルウェア、アプリケーションフレームワークが含まれおり、主な機能は次の通り。
  •  ・テレマティクスとインストルメントクラスター向けのデバイスプロファイル
  •  ・コアAGLサービスレイヤーがスタンドアロンで構築可能
  •  ・メディアプレーヤー、チューナー、ナビゲーション、Webブラウザー、Bluetooth、WiFi、
  •   HVACコントロール、オーディオミキサー、車両制御などのリファレンスアプリケーション
  •  ・IVIシステムとインストルメントクラスターディスプレイの同時表示への統合
  •  ・後席ディスプレイを含むマルチディスプレイ機能
  •  ・ルネサス、Qualcomm Technologies、Intel、Texas Instrument、NXP、Raspberry Piなどの
  •   各種ハードウェアボードをサポート
  •  ・アプリケーションテンプレート付きソフトウェア開発キット(SDK)
  •  ・SmartDeviceLink対応で、スマートフォンアプリの統合・アクセスが容易
  •  ・ナビゲーション、音声認識、Bluetooth、オーディオ、チューナー、およびCAN通信向けの
  •   アプリケーションサービスAPI
  •  ・近距離無線通信(NFC: Near Field Communication)やID管理機能(多言語サポートを含む)
  •  ・OTA(Over The Air: 無線通信利用)アップグレード機能
  •  ・ロールベースアクセス制御によるセキュリティフレームワーク
 

UCB 6.0の機能リスト(英語): https://wiki.automotivelinux.org/agl-distro/release-notes

 

■関連記事

AGL、「Automotive Linux Summit 2018」を開催 音声認識・クラウド通信に加え、今後はADASにも注力



ルネサス、次世代車の可能性を切り開くR-Car CES2018レポート (1/6)

ログイン

ページ上部へ戻る