有料会員限定記事

「チョイソコとよあけ」が示す、新しい地域交通の作り方 ― 住民と自治体と事業者の参加型プラットフォーム (前編)

2020/2/18(火)


協賛企業とともに持続的な運営モデルを構築

チョイソコでは、「エリアスポンサー協賛型」という独自のビジネスモデルを構築している。利用者は1乗車につき200円を負担するが、自分のかかりつけ医や行きつけの店、あるいは文化活動などへの便利かつ安全な移動手段を確保できる。外出頻度にもよるが、自己で車両を保有するよりも負担が軽くなる人も多いだろう。

次にエリアスポンサーと呼ばれる協賛者は、主に地域の事業者で構成されており、任意の協賛金を負担する。エリアスポンサーの施設には停留所が設置され、近隣の交通難民の移動支援に貢献できるほか、既存顧客の交通難民化による顧客離れ対策にもなる。

自治体にとっ...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る