ニュース

DeNA×SOMPO 個人間カーシェア事業とマイカーリース事業の合弁会社2社を設立

2019/2/28(木)

株式会社ディー・エヌ・エー(以下 DeNA)と、SOMPOホールディングス株式会社(以下 SOMPOホールディングス)は、個人間カーシェア事業の合弁会社「DeNA SOMPO Mobility」とマイカーリース事業の合弁会社「DeNA SOMPO Carlife」設立に関する合意書の締結を2019年2月28日に行った。
自家用車の年間稼働率が低下し、個人間でシェアすることで自家用車の高い維持費を軽減したいというニーズは年々増加している。そこで、DeNAは個人間カーシェアサービス「Anyca」を2015年9月から展開し、現在、会員数20万人以上、登録車数7,000台以上の実績で市場を牽引してきている。一方で、個人間カーシェアサービスにおいては、トラブルを予防し、保険による「安心・安全」の担保がこれまで以上に求められている。

こうした背景を受け、DeNAとSOMPOホールディングスは、モビリティ領域における合弁会社の設立を通じて「安心・安全」な個人間カーシェア市場の実現を目指す。これまでDeNAが運営してきた個人間カーシェアサービス「Anyca」の事業は、2019年4月から「DeNA SOMPO Mobility」が引き継ぎ、運営を開始する。

また、新たにマイカーリース事業を運営する合弁会社として「DeNA SOMPO Carlife」を設立する。一定期間において車を定額で手軽に所有できるマイカーリースは、サブスクリプションモデルの一つとして、近年一層注目されている。DeNAとSOMPOホールディングスの取り組みにおいても、個々の生活スタイルに合った車の所有方法の一つとして、これまでにない新しいマイカーリース事業を2019年6月から展開する予定。最大の特徴としては、「DeNA SOMPO Carlife」でリースした車を「Anyca」でカーシェアする仕組みの提案だ。サブスクリプションとシェアリングの組み合わせで、マイカーの実質負担を軽減し、誰もが憧れの車を持てる社会の実現を目指している。

「DeNA SOMPO Mobility」と「DeNA SOMPO Carlife」は、「安心・安全」を届けるリアルな保険販売網と約1,300万件の自動車保険を通じた車とドライバーのデータを保有するSOMPOホールディングスの強みと、インターネットとAIのデジタルテクノロジーで質の高いサービスを設計し運営するノウハウを所持するDeNAの強みを生かし、リアルとデジタルを融合させたモビリティサービスにおける新しい価値を提供することを目指している。

ログイン

ページ上部へ戻る