ニュース

DiDiモビリティジャパンとゼンリングループが業務提携 ナビアプリを共同開発

2019/9/25(水)

左:DiDiモビリティジャパン株式会社 取締役副社長 菅野 圭吾氏 右:株式会社ゼンリンデータコム 代表取締役社長 清水辰彦氏

DiDiモビリティジャパン株式会社(以下、DiDiモビリティジャパン)、株式会社ゼンリン(以下、ゼンリン)、株式会社ゼンリンデータコム(以下、ゼンリンデータコム)は、業務提携することを発表した。
業務提携の第1弾として、ナビゲーションアプリの共同開発を行い、本日より、DiDiモビリティジャパンが提供するタクシー配車プラットフォームのドライバー用アプリ「DiDiドライバー」内で、ゼンリンデータコムのナビゲーションアプリ「Z-NAV(ゼットナブ)」の利用が可能になった。「Z-NAV」は乗客が乗車しやすいようになるべく道路の左側に到着するルートや、事故防止のため細道よりも幹線道路などの走行しやすい道路を優先したルート案内、精密な道路・交通情報、ドライバーに合わせたカスタマイズなどが特徴。これにより、「DiDi」搭載のタクシーは、精度の高いゼンリン製地図を活用した高機能ナビゲーションを利用できる。

ゼンリンデータコムのナビゲーションアプリ「Z-NAV(ゼットナブ)」



DiDiモビリティジャパンは2018年9月から日本市場でタクシー配車サービスを開始して1年間、急速に成長を遂げている。タクシー乗務員や乗客の視線で細やかなサービスを提供し、様々な顧客のニーズに対応していく為に、スピーディーなプロダクト開発を進めている。ゼンリングループの詳細で網羅性の高い各種地図情報(ドアtoドアを可能にする細道路規制・到着地点情報、住宅地図データ等)を活用し、さらに精度の高い配車サービスの実現を目指す。

今後、DiDiモビリティジャパンとゼンリングループは日本市場における戦略パートナーとして、MaaS(Mobility as a Service)事業領域のデータコンテンツの利活用を進めるとともに、両社のノウハウを生かしたAI×ビッグデータ×位置情報を組合せたソリューションやダイナミック情報の共同開発など、様々な検討を進める予定だ。

ログイン

ページ上部へ戻る