有料会員限定記事

【Fujisawa サスティナブル・スマートタウン】100年続くまちづくりを目指して見えてきたものとは?

2020/10/2(金)

街の全景(街区 セントラルパーク周辺

街の全景(街区 セントラルパーク周辺)
提供:Fujisawa SST マネジメント

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)が中心となって神奈川県藤沢市でまちづくりを進めているFujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下、藤沢SST)は、街びらきから今年で6年を迎えた。

藤沢SSTは「100年先まで続くまちづくり」をコンセプトに住民のための「くらし」を根幹に据えた全国でも類を見ない先駆的なスマートタウンだ。今後、中山間地域で進む高齢化や過疎化の問題、原発エネルギーに変わる新たなエネルギーの創出が急務なことや、災害、アフターコロナの生活様式などさまざまな日本が抱える問題から、さまざまな地域でスマートシティ化が進むと予想される。

パナソニック株式会社 ビジネスソリューション本部 CRE事業推進部 SST推進総括担当 兼Fujisawa SST マネジメント株式会社 代表取締役社長の荒川剛氏に藤沢SSTの現状と今後について展望を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る