ニュース

ホンダ、1月の「CES2019」に出展へ 新たな価値創造に向け各事業の協業化狙う

2018/12/12(水)

ホンダは、2019年1月8日から11日まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催される世界最大級の家電見本市「CES 2019」に出展する。オープンイノベーションで取り組む技術を紹介するとともに、研究開発・事業化パートナーを求める方針だ。
ホンダは、ロボティクス・モビリティー・エネルギーの3つを重点領域と定め、研究開発・事業化パートナーとのマッチングを狙う。CES 2017では新価値創造に向けたオープンイノベーションの呼びかけを行い、CES 2018では重点領域の一つ、ロボティクスの方向性を提示した。これらのコンセプト発信を経て、CES 2019ではロボティクス・モビリティー・エネルギー領域で開発中の具体的な技術を出展する。

■Honda Autonomous Work Vehicle(オートノマス ワーク ビークル)

Honda Autonomous Work Vehicle

Honda Autonomous Work Vehicle


アタッチメントを取り付けることでさまざまな用途に活用できる、自律移動モビリティーのプラットフォーム。CES 2018に出展した「3E-D18」をベースに開発されており、CES 2018への出展をきっかけに、2018年から米国でパートナーとの実証実験を開始した。
昨年のCES2018で展示された「E3-D18」

昨年のCES2018で展示された「E3-D18」


米国ノースカロライナ州の大規模太陽光発電所での除草作業、カリフォルニア州のカリフォルニア大学デービス校における試験農場のモニタリング作業、コロラド州の消防隊の機材搬送や山火事など危険な場所での偵察・通信サポートという3つの実証実験を行っている。今後は、自律移動機能のさらなる向上を図る。

1 2 3 4

ログイン

ページ上部へ戻る