有料会員限定記事

ワンマイルモビリティに安全と快適さと楽しさを YAMAHA/CES2019

2019/2/20(水)

AIを搭載したLSEVによる移動サービスシステム「PPM(Public Personal Mobility」

AIを搭載したLSEV(低速電気自動車)による移動サービスシステム「PPM(Public Personal Mobility」

今年のCESのオートモーティブ分野で注目されていたのが「ワンマイルモビリティ」と自動運転ができる「LSEV(低速電気自動車)」である。ヤマハは初めての出展であった昨年と同じくロボティクスやドローンが集まるLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)のサウスホールで、AIを搭載したLSEVによる移動サービスシステム「PPM(Public Personal Mobility」やフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN」などを出展した。
(ITジャーナリスト / 野々下 裕子)

※この記事は一週間限定で無料会員様にも公開しています

昨年も出展されたPPMは、世界のゴルフコ...


※このコンテンツは会員限定です。無料会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

ログイン

ログイン

ページ上部へ戻る