ニュース

パナソニック、ARでスマホ上に立体ナビゲーション 大阪駅で

2019/2/20(水)

パナソニック システムソリューションズ ジャパンとJR西日本は2月20日、可視光通信技術「LinkRay(リンクレイ)」を採用したスマートフォンによる立体的なナビゲーションシステムを国内初導入することを発表した。対象エリアは大阪駅・大阪ステーションシティ(以下、OSC)内9箇所を基点に、梅田エリア主要施設(33箇所)。
リンクレイはデジタルサイネージや導光板などのLED光源から送信されるID信号をスマートフォンで読み取ることで、情報を取得するシステム。電波を使用しないので、GPS電波が届かない地下エリアでも利用できる。

専用アプリである「OSAKA UMEDA ARナビ」を利用すると、OSC内9箇所から発光される光をスマホで読み取る。目的地までのルートはスマートフォン上でAR(Augmented Reality)による「動く矢印」で描写し、アプリに表示させる。日本語、英語、中国語、韓国語など、多言語に対応する予定。サービス開始は2019年3月中旬~末を予定している。

ログイン

ページ上部へ戻る