有料会員限定記事

時速5kmの自動走行モビリティ 関電発「iino」がサービス始動

2020/10/5(月)

「iino type-S」 走行デモの様子

「iino type-S」 走行デモの様子

関西電力100%出資のゲキダンイイノ合同会社(以下、ゲキダンイイノ)は、時速5kmの自動走行モビリティ「iino」によるサービスを10月2日から開始した。
ゲキダンイイノは関西電力のイノベーションラボから事業化し、2020年2月に合同会社として設立。モビリティ領域と文化・エンタメ領域とのクロスボーダーで事業を展開している。

同社が提供を開始する自動走行モビリティ「iino」は、人間の早歩きと同程度の時速5kmで自動走行する点が特徴だ。低速運行という特徴を生かし、商業施設や観光地などでサービスの提供を目指す。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



ログイン

ページ上部へ戻る