ニュース

JR西、観光型MaaS「setowa」サービス開始 せとうちの旅をシームレスに

2020/9/30(水)

尾道 千光寺からの眺め

尾道 千光寺からの眺め
(写真:Adobe Stockより)

西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)は、せとうちエリアにおける観光型MaaS「setowa」を9月28日に開始した。
JR西日本の観光型MaaS「setowa」は、交通機関やホテル、せとうちエリアの観光素材などをスマートフォンでシームレスに検索・予約・利用できるサービスとして提供を始める。

連携する交通サービスには出発地から目的地までの新幹線に加え、旅先での鉄道、船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェア、シェアサイクルも含まれる。

広島県全域、岡山県(倉敷市・岡山市等)、山口県(岩国市等)および愛媛県(松山市・今治市)を中心とするせとうちエリアが対象。

また、JR西日本は今月24日に鉄道情報提供や経路検索などの機能が中心のMaaSアプリ「WESTER」も発表している。
setowaロゴ

setowaロゴ


■「setowa」の主な特徴

(1)予約機能、スケジューリング作成
目的地までの経路検索結果から、鉄道やタクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェア、シェアサイクルの各社予約サイトまたはアプリへリンク連携し、スマートフォンで予約・決済ができる。また、経路検索結果から事前にオリジナルの旅のスケジュールも作成可能。

(2)デジタルチケット「setowa 周遊パス」「setowa チケット」
旅先のJRバス、船舶、ロープウェイなど指定の交通機関の乗り放題と観光施設の入館券をセットにしたおトクな「setowa 周遊パス」や、地元おすすめの観光・体験スポット等が利用できる「setowa チケット」を多数設定し、窓口に行かなくても、キャッシュレスでチケットを購入できる。また利用の際はチケットは各施設のスタッフに画面を見せるだけでよい。なお「setowa チケット」のうち、「setowa グルメクーポン」では安心して利用できるグルメスポットを紹介し、地元の食事を楽しめる。

(3)話題のスポット紹介、お気に入り登録
SNSで話題のスポットや定番・おすすめスポットを写真や口コミで紹介し、行きたいスポットをお気に入り登録することができる。また、旅の計画に便利なモデルコースも多数紹介する。その他にも観光、グルメなど旅先で知りたいスポットの地図表示・行きたいスポットまでのナビゲーション・天気予報も提供する。スポット紹介の機能は、専用アプリに加えてスマートフォン用WEBサイトと、前述の「WESTER」アプリからも利用できる。

ログイン

ページ上部へ戻る