ニュース

かもめや、次世代物資輸送無人航空機の飛行試験開始

2018/2/2(金)

垂直離着陸が可能なVTOL型無人航空機

株式会社かもめや(香川県高松市)と、Airnamics d.o.o.(スロヴェニア共和国)は、2016年9月より共同開発を進めてきた次世代物資輸送無人航空機(コードネーム:KamomeCopter:カモメコプター)が完成し、スロヴェニア国内において飛行試験を開始したと発表した。

かもめやは、無人物流プラットフォームの開発等を目的に香川県高松市で設立された。これまでKamomeAirプロジェクトとして、2015年1月18日に日本初の長距離(8km)海上貨物輸送実証実験に成功し、2015年9月15日には物資輸送・遠隔医療及び医薬品輸送・危機管理の3分野複合実証実験に参加し、無人機による海上物資輸送の国内最長記録(片道10km:往復20km)を達成した。

この無人航空機は、垂直離着陸が可能な固定翼機(VTOL型)で、小規模な離島をはじめとする狭い離着陸スペースでも運用が可能、機体内部に運搬物資を格納できる物資輸送専用機として、世界最大クラスの機体となる。

スロヴェニア国内の飛行試験では基本的な空力性能試験等を完了した。2018年春以降、日本国内での実験に向けて最終調整を進めている。

これまでラストワンマイルの移動・輸送手段確保については都市部や山間部を中心に焦点が当てられてきた印象があり、陸・海・空を結ぶ新たなプラットフォームの構築を目指す取り組みは要注目だ。

スロヴェニアでの無人航空機飛行試験

ログイン

ページ上部へ戻る