有料会員限定記事

自動運転・MaaSで変わる車室空間。京セラ、光学迷彩などを活用したコンセプトカーを発表

2020/10/6(火)

京セラのコンセプトカー「Moeye」

京セラのコンセプトカー「Moeye」

京セラ株式会社(以下、京セラ)は9月28日、自社開発のコンセプトカー第2弾となる「Moeye(モアイ)」を京都市内のパルスプラザで発表した。独自のデバイスを多数搭載し、車室空間の過ごし方を変える世界観を提案した。

京セラがコンセプトカーの開発にあたって意識したのが、自動運転化とMaaSの普及という大きな流れだ。自動運転技術の進歩によってドライバーが運転タスクから解放されると、車室空間の過ごし方が大きく変わる。京セラはその重要性に注目し、「驚きと快適をもたらす未来のコクピット」を完全オリジナルデザインで開発した。



※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



ログイン

ページ上部へ戻る