ニュース

京都市の燃料電池自動車事業をタイムズカーレンタルが受託

2018/6/8(金)

FCV「ミライ」

タイムズモビリティネットワークス株式会社(本社:広島県広島市、社長:川崎計介)は、京都市が水素エネルギー普及拡大を目指して実施する事業を受託した。2018年度は、京都市内の法人および団体を対象に燃料電池自動車「ミライ」を貸し出すもので、2018年6月18日(月)よりサービスを開始する。

本事業の受託は2016年度から継続しており、京都市が取り組む燃料電池自動車(以下、FCV)の有料カーシェアリング事業(レンタカー事業)をタイムズモビリティネットワークスが受託し、「タイムズカーレンタル京都新幹線口店」においてFCV「ミライ」の貸出業務を行ってきた。

今年度、京都市は新たな取り組みとして、市内に事業所を有する法人および個人事業主、市内に活動拠点を置く団体を対象としてFCV「ミライ」の貸出を行い、水素エネルギーの普及拡大を図る。

 

京都市が貸出するFCV「ミライ」は、二酸化炭素や有害ガスを排出しない環境に優しいクルマで、低炭素社会実現の一躍を担う存在になる。京都市内の企業や団体が、京都市内で開催されるイベント等においてFCV「ミライ」を展示車や電源車として活用することで、水素エネルギーの普及が期待される。

ログイン

ページ上部へ戻る