ニュース

シェアサイクル「メルチャリ」東京都国立市で実証実験を開始

2018/8/23(木)

株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、シェアサイクルサービス「メルチャリ」の実証実験を、東京都国立市において8月22日から開始する。

「メルチャリ」はメルカリが運営する自転車のシェアリングサービスだ。シェアリングエコノミーの促進を目指し、2018年2月27日にサービスを開始した。専用のスマートフォンアプリで自転車の鍵をあけ、いつでもどこでも、好きなタイミングで自転車を利用できる体験の提供を目指している。

東京都国立市は、緑の中に自転車道が整備され、多摩川沿いには川崎まで続くサイクリングロードを有している。また地形もほぼフラットであり、地勢的な面から自転車と相性が良い。2014年に施行された国立市地域交通計画では、「自転車の街くにたち」を目指し、コミュニティサイクルの民間活力導入が計画された。また、東西2.3㎞・南北3.7㎞というコンパクトさに加え、75,000人という人口で行政と市民の距離が近く、シェアサイクルに適していると判断され、今回の実証実験のエリアとして選定された。

実証実験では、市内に100台以上の自転車と約70箇所の駐輪ポートが用意される。行政、市民、地元商工業者、地元各種団体、一般企業等を巻き込みながら「参加型シェアサイクル」の実現に向けて、3ヶ月程の期間をかけて実験は進められる。市内の回遊性の向上、バス等の利用が困難な地域での公共交通の補完、駐輪場の混雑緩和、自動車の交通渋滞の緩和、自動車利用の削減による環境保全、利用者の健康の増進等への効果をねらい、実証実験において社会的効果や継続性の評価・判断を行う予定だ。


 

関連記事

メルカリ、シェアサイクルサービス「メルチャリ」を開始

メルチャリで シームレスな移動を(1/2)

メルチャリで シームレスな移動を(2/2)

ログイン

ページ上部へ戻る