ニュース

宮城県南 インバウンド交通受入環境整備を加速化

2019/2/13(水)

一般社団法人宮城インバウンドDMOと仙台中央タクシー株式会社は、仙台市内から南宮城への訪日観光客(インバウンド)の交通アクセスの充実を目指し、外国人観光客を対象とした交通サービスの造成及び共同プロモ―ション施策を実施する。

主な施策としては、仙台中央タクシーが2019年2月13日より仙台市内でサービス提供を開始するグローバル配車アプリケーション「Uber」の仙台市内での利用促進に向けた台湾プロモーション、仙台市内から南宮城観光スポットへの定額タクシーのサービスの展開、南宮城スキー場への交通商品の販売促進プロモ―ションに取り組む。一般社団法人宮城インバウンドDMOは宮城インバウンドDMO推進協議会より委託を受け、外国人観光客の南宮城における二次交通の課題解決に取り組んでいる。今回の施策を通し、東北観光のゲートウェイである仙台市内から南宮城への誘客を促進し、同地域におけるインバウンド受入環境の充実を図る。

 

【Uberの利用プロモ―ション】

Uberは全世界で利用されている配車アプリケーションであり、外国人観光客がスマートフォン上で配車と決済が自動的にできることから、外国人観光客はドライバーとのコミュニケーション面での問題が無く、スムーズに移動することが可能。プロモーションとしては、インバウンド向け東北観光メディア「Tohoku365」内での多言語webページ作成(URL:https://tohoku365.com/uber/)や、プロモーション動画作成(URL:https://www.youtube.com/watch?v=nxzo_jpGZvQ&feature=youtu.be)、台湾へのプレスリリース(パブリシティプロモーション)、台湾インフルエンサーによる紹介記事の作成・拡散を行う。

 

【定額タクシー】

仙台市内から南宮城観光地への移動において、料金をメーター制ではなく一律料金で運行する定額タクシーをサービス開始に向けて調整している。外国人観光客が日本でタクシーを利用する際に、メーター制によりタクシー料金が乗車前に分からず利用が懸念されることや、ドライバーとの行先や価格等のコミュニケーションが難しいことが課題として挙げられる。これらの課題を解決し、外国人観光客がスムーズに南宮城へ移動できるスキームの造成を目指す。

<定額タクシーコース>
① ゆりあげ港朝市 メイプル館(名取市)
② 国営みちのく杜の湖畔公園(川崎町)
③ 大河原駅(白石川堤一目千本桜)
※いずれも発地点は仙台市内
※2月下旬のサービス開始に向け、現在調整中。

 

【南宮城スキー場への交通商品プロモーション】

仙台中央タクシー株式会社が南宮城のスキー場であるすみかわスノーパークへの専用タクシー商品を、主に台湾や香港からの訪日外国人観光客向けに、スキー場の情報や予約決済サービスを展開する「WAmazing snow」上にて2019年1月に販売開始した。一般社団法人宮城インバウンドDMOと仙台中央タクシー株式会社では、台湾へのプレスリリース及び台湾インフルエンサーによる紹介記事の作成・拡散を2019年1月に実施し、サービスのプロモーションを開始する。

■WAmazing snow webページ:https://tw.wamazing.com/snow/


 

■関連記事



 

ログイン

ページ上部へ戻る