有料会員限定記事

無印良品デザインの「GACHA」が実車デビュー、5月から試験運転始まる

2019/6/11(火)

全天候型自動運転シャトルバス「GACHA(ガチャ)」の実車

無印良品を展開する株式会社良品計画が2019年3月8日、北欧・フィンランドの首都ヘルシンキで全天候型自動運転シャトルバス「GACHA(ガチャ)」のワールドプレミア発表会を開催し、実働車両を一般公開およびテスト走行を行った。
自動運転技術の研究開発を行うスタートアップ企業Sensible 4はヘルシンキ周辺のエスポー、ヴァンター、ハメーンリンナの3都市のサポートを受けて、全天候型自動運転シャトルバスの開発を進めている。無印良品は2017年末よりSensible 4との共同プロジェクトに参画し、自動運転バスへのデザイン提供を行ってきた。ワールドプレミア発表会を終えて、2019年5月に実証実験を開始、2020年には実用化し、2021年にはGACHAの量産化を目指しているという。この共同プロジェクトの責任者である株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン担当部長 矢野直子氏にワールドプレミア発表会の様子や今後の展開について話を聞いた。

雪の中でのお披露目、GACHAワールドプレミア発表会

―3月8日のワールドプレミア発表会はいかがでしたか?

(矢野氏)去年12月にオープンした国立ヘルシンキ中央図書館「Oodi(オーディ)」で行いました。 当日は220名を超える方にご参加いただきまして、欧州各国の自動車関係の方々が多数来られていました。ワールドプレミア当日は、ヘルシンキ ビジネス ハブのKimmo Koponenさんの挨拶の後、ヘルシンキ市副市長のAnni Sinnemäkiさんが今後のフィンランド、ヘルシンキにおけるモビリティの進化について話してくださり、その後、無印良品のアドバイザリーボードメンバーであるプロダクトデザイナーの深澤直人さんとSensible4 CEOのHarri SantamalaさんがそれぞれGACHAについてプレゼンテーションしました。

ガチャガチャのトイカプセルを手に持って講演する深澤直人氏



※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



ログイン

ページ上部へ戻る