ニュース

小田急とスマートドライブが協業 MaaSアプリ連携なども視野に

2020/3/16(月)

小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)と、モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブ(以下、スマートドライブ)は、小田急沿線で協同するプロジェクトの開始を発表。まずは家族の運転を見守るサービス「SmartDrive Families」を沿線で提供する。将来的には小田急電鉄のサービスプラットフォームとの連携も行う方針だ。
スマートドライブは、センサーデバイスなどから収集・解析した交通・移動データ活用したさまざまなモビリティサービスを提供している。法人向けの車両管理サービス「SmartDrive Fleet」をはじめ、安全運転の度合いに応じて提携企業のクーポンなどの特典を付与する「SmartDrive Cars」や、スコア化した走行データを用いた個人向けの家族見守りサービス「SmartDrive Families」を展開している。

今回発表されたのは、小田急電鉄沿線における「SmartDrive Families」の3月からの提供開始。「SmartDrive Families」は、運転に不安を抱える高齢者をはじめとした家族の運転をリアルタイムで見守ることができるサービス。シガーソケットに車載デバイスを挿入して工事不要で利用できる。サービスの利用料金は月額で2,480円(車載デバイスのレンタル料を含む)。

両社は今回の協業について「安心・快適な新しいモビリティ・ライフの実現」に向けた取り組むものだとしている。将来的には「SmartDrive Cars」の安全運転に対するポイント付与機能の活用や、免許返納者や運転を不安に感じる人へ公共交通機関の利用の提案といった取り組みも行う。さらに、小田急電鉄が展開するMaaSや地域密着型サービスプラットフォーム「ONE(オーネ)」との連携なども見据えており、これらを通じて社会・地域の持続的発展を目指していく方針だ。

ログイン

ページ上部へ戻る