ニュース

パナソニックサイクルテック株式会社 白馬観光開発と電動アシストマウンテンバイクの発信拠点づくりで協業

2019/5/21(火)

パナソニックサイクルテック株式会社(以下、パナソニック)は、5月16日に、長野県で白馬岩岳マウンテン リゾートを展開する白馬観光開発株式会社(以下、白馬観光)と、白馬岩岳を電動アシストマウンテンバイクの普及に向けた情報発信拠点にしていく取り組みにおいて協業することを発表した。
パナソニックは電動アシストマウンテンバイクのさらなる普及に向けて、愛好者が訪れて楽しめるコースや、交流できる場所が必要であり、白馬が最適だと考えている。一方、白馬観光は、マウンテンバイクを活用して多彩な魅力を持つ白馬岩岳への来場者を増やしたい意向だ。両社はそれぞれの取り組みを通して白馬を「電動アシストマウンテンバイクの情報発信拠点」にしたいという想いから協業することになった。

白馬観光との協業では、パナソニック製の電動アシストマウンテンバイクを活用して白馬エリアにて、現地を知りつくしたスタッフによるガイドツアーを開催し、インバウンドにも対応。また、白馬岩岳マウンテンリゾートでは、試乗会など様々なイベントを実施するほか、高い走破性と機能美を実現した電動アシストマウンテンバイク「XM1」「XM2」「XM-D2」のレンタルも行う。

ログイン

ページ上部へ戻る