ニュース

パイオニアのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」、 送迎バスの現在地確認サービス「ピタバス」に採用

2019/4/17(水)

パイオニアのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」が、株式会社スミ電機工業所(以下「スミ電機工業所」)が提供する送迎バスの現在位置お知らせサービス「ピタバス」に採用された。
スミ電機工業所の「ピタバス」は、スマートフォンの専用アプリでバスの現在位置や遅延状況を簡単に確認できるサービス。幼稚園や保育所、自動車教習所、スイミングスクール、民間企業などの送迎バスへの導入により、到着時間の分からないバスを待つイライラを解消し、時間を有効に活用することができる。

パイオニアの運行管理クラウドサービス「ビークルアシストAPI」および「通信ドライブレコーダー」と「ピタバス」を連携させることにより、送迎バス運行者側で車両の状況把握や事故リスク軽減につながる安全運転指導などを行えるようになるため、送迎バスの現在位置把握サービスの提供とともに、より安全・安心な送迎バスの運行を実現できる。

ビークルアシストは、自動日報作成機能などによる運行業務の“管理”はもちろん、カーナビやスマートフォンを使ってドライバーに訪問先を指示するなど、運行業務の“支援”も可能な先進のクラウド型運行管理サービスである。業種やニーズに合わせて選べる“パッケージサービス”の提供のほか、既に保有済の配車計画システムや、サービス事業者が提供するクラウドサービスと連携可能な“ビークルアシスト APIサービス”を提供している。
※ API(Application Programming Interface):コンピュータープログラムで作成された機能を外部のプログラムから利用するための仕様。
 

ログイン

ページ上部へ戻る