ニュース

ネッツトヨタ瀬戸内と富士通、遊休車両を活用した 従業員向け乗合通勤サービスの運用を開始

2019/4/17(水)

ネッツトヨタ瀬戸内株式会社(以下、ネッツトヨタ瀬戸内)は、試乗車などの遊休車両を利用した従業員向け乗合通勤に、富士通株式会社(以下、富士通)のクラウドサービス「FUJITSU Mobility Solution SPATIOWLオンデマンド交通サービス」(以下、「オンデマンド交通サービス」)を採用、4月17日より本格運用を開始し、運転手や乗合者となる従業員が事前に専用WEBページで申請した住所や、出発・乗合希望時刻、車両の空き状況などの情報を「オンデマンド交通サービス」上でマッチングさせ、出退勤時の効率的な乗合通勤支援をはじめた。
乗合通勤に使用する車両についても稼働状況の可視化が可能となり、営業時間前後に遊休状態となる試乗車などを活用するため、車両を有効活用できる。また、乗合によって社内コミュニケーションが活性化され、さらには出社・帰宅時刻の平準化が進むことで、時間や効率を意識した働き方改革にもつなげた。

背景

商品の所有から利用へといった風潮や、慢性的な渋滞問題という社会課題への対応が求められる中、ネッツトヨタ瀬戸内では2018年から、試乗車や代車などの遊休車両を活用した地域の移動課題解決に貢献するサービスを検討。今回通勤時間帯に着目し、マイカーの代わりに遊休車両を活用した乗合通勤サービスに富士通の「オンデマンド交通サービス」を適用し、全社展開に先立ちネッツトヨタ瀬戸内中央店で運用を開始した。

乗合通勤サービスの概要

ネッツトヨタ瀬戸内の管理部門が運営する専用WEBページに登録した運転手と乗合者の乗車場所や送迎希望時間、目的地、車両の空き状況などの情報から、富士通の「オンデマンド交通サービス」上で所要時間を計算し、リアルタイムで自動的にマッチング。マッチング結果により運転手に対しては乗合者情報を、乗合者には乗車可能な運転手の情報をそれぞれが所有するスマートフォンやタブレットへ自動送信。また、希望があれば乗合者が運転を交代して行うことも可能だ。

今後

両社は乗合通勤サービスの改善、拡大にむけて継続的に検討を行い、通勤費補助削減やマイカー通勤している従業員の自家用車維持費用負担の軽減、さらには地域社会に対して通勤時間帯における渋滞緩和の実現を目指す。これにより、地域・企業・従業員の三者がWin-Win-Winとなる関係を構築し、同様の課題を抱える地域・企業への展開を推進していく予定だ。また、ネッツトヨタ瀬戸内は、本サービスを実施する中で蓄積したノウハウを活かし、シェアリングビジネスへの参入に向けた新しいビジネスモデルの検討を行っていく。

ログイン

ページ上部へ戻る