有料会員限定記事

森ビルが構想するモビリティと都市計画の新たな可能性とは?「オンデマンド型シャトルサービス(HillsVia)」の実証実験について(2/2)

2019/4/17(水)

実験車両は7人乗りのメルセデス・ベンツVクラス

森ビル株式会社は米国・ニューヨーク市に拠点を置くVia社と連携し、2018年8月1日から六本木周辺地域で、最先端アルゴリズムによる「オンデマンド型シャトルサービス(HillsVia)」の実証実験を開始した。
Via社は2013年にサービスを開始し、業界最高峰の独自技術によって、ルートや運行時刻に捉われない新たな都市交通サービスを再構築するスタートアップ企業である。都市部に最適化した独自開発のアルゴリズムによって、同方面に向かう複数の乗客の効率的な移動を可能にした。また、公共交通機関やバス・タクシーの民間企業等にアルゴリズムを提供し、既存のインフラとViaシステムの統合による「オンデマンド型シャトルサービス」を実現しており、すでにニューヨーク、シカゴ、アムステルダム、ロンドン等の多数の国際都市でのサービス導入実績がある。今回の実験では、森ビル社員約1,300名を実証実験の対象者として通勤や業務時間内の利用データを取得し、サービスの有用性と発展性の検証を進めるという。実証実験開始から半年が経った今、進捗状況や手応え、今後の展望について森ビル株式会社 営業本部 オフィス事業部 営業推進部企画グループ イノベーティブビジネス担当 チームリーダーの塩出礼子氏に話を聞いた。

第1回はこちら↓
https://ligare.news/story/mori-building-hills-via-1/

ドライバー用アプリの画面


実証実験から「より豊かな都市生活実現」へ

――4台の車両の稼働率や実車率はいかがでしょうか?

塩出氏:時間帯によって違うのですが、1日延べ100人以上が乗車しています。特に雨の時は多く、先日は160人を超えていました。車両が4台しかないので仕方がないですが、データをみると実需はもっと多くあります。

――半年が経ちましたが、社員の方からの反響や声は高まっていますか?

塩出氏:実証実験開始当初は、社員から「乗ってるよ」と声をかけられることがあり、反響の大きさを実感していましたが、今は半年経ち、HillsViaがあるのが当たり前のように定着したように感じます。また、利用した社員からは、「すごく便利だからなくさないほしい」という声が上がっています。実験当初は往路より、外出先からの帰りなど時間に余裕のある復路の利用が多かったんですが、4ヶ月を過ぎたあたりから、「往路でも便利に使ってる」という声が増えてきました。予約時間より少し早めに行って仕事をしたりお茶をしたりと、人がシステムに慣れてきて、うまく自分の行動の中に取り込んでいるのを感じます。特に、臨海部や坂が多いエリア、乗り継ぎに不便なエリアでは有益な交通手段の一つとして定着しています。社内ですれ違っても挨拶程度だった人とも、車内では必然的に会話が生まれるためコミュニケーションの場としても有効だという声も聞いています。

車内は社員同士のコミュニケーションの場


――今後の実証実験の展開について教えてください
※このコンテンツは会員限定です。無料会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

ログイン

ログイン

ページ上部へ戻る