有料会員限定記事

佐川急便、宅配用EVの試作車公開 2022年9月からEV転換を開始

有料会員限定記事

2021/4/22(木)

宅配大手の佐川急便は4月13日、電気自動車(EV)ベンチャーのASF(東京都港区)と開発を進めてきた宅配用の電気軽自動車の試作車を報道陣に公開した。菅義偉政権が掲げる「2050年カーボンニュートラル」(脱炭素社会)に賛同した事業の一環で、宅配事業に使用しているすべての軽自動車7200台を22年9月から順次EVに切り替える。全軽車両のEV化は30年までに完了させる見通しだ。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 80843
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る