ニュース

埼玉工業大学 私立大学初となる自動運転技術の全学的な研究組織「自動運転技術開発センター」設立

2019/5/30(木)

5月30日、埼玉工業大学(以下、埼工大)は、私立大学初となる自動運転技術の全学的な研究組織として「自動運転技術開発センター(以下、新センター)」を設立し、自動運転技術の実用化に向けた研究・開発を強化した。新設する「自動運転技術開発センター」は、本学学長直轄の研究組織として、本大学の全面的な協力・支援のもと、産学官連携による国内トップクラスの先進的な自動運転技術の研究・開発を目指す。
新センターには、和田正義特任客員教授、大山航教授、山﨑隆治教授、服部聖彦准教授等、ロボットやAI(人工知能)等関連分野を専門とする研究者も参画し、工学部情報システム学科教授の渡部大志氏がセンター長として活動を統括する。

新センターでは自動運転機能を持つ福祉車両の開発、先端AI技術を活用した自動運転技術の研究、自動運転を題材にした実践的なAI教育などの課題に取り組む予定で、自動運転バスの開発にも着手する。

埼工大はすでに全国で実施された多数の実証実験に参画しており、豊富な経験を持ち、2019年2月に5Gによるレベル4の公道実証実験にも参加した実績がある。2017年10月に自動走行システム/大規模実証実験へ私立大学として唯一参加し、同年12月に本学の地元深谷市でレベル3の公道での実証実験を開始した。自動運転車の実証実験に、積極的に取り組んで経験を重ねている。埼工大は今回、新センターを設置し、よりレベルアップした高度な自動運転技術の研究・開発を積極的に推進する。

ログイン

ページ上部へ戻る