有料会員限定記事

Googleのサイドウォーク・ラボ:都市の生活を豊かにするモビリティのありかたとは?

2019/8/9(金)

人間中心の道路のイメージ

Googleの兄弟会社「サイドウォークラボ」が、2019年6月24日にカナダのトロント市で手がけるウォーターフロント再開発の基本計画を公開した。基本計画の名前は「MIDP=Master Innovation and Development Plan」。通常は基本計画を「Master Plan」と呼ぶが、あえて「Innovation and Development」を含めるところに、イノベーション技術によって都市を発展させるという意気込みが感じられる。MIDPは約1500ページに及び、物量だけでも圧倒されるが、交通、住居と建物、公共空間、持続可能性、デジタルインフラなどの項目を包括的に盛り込み、まるでSDGs時代の都市計画の教科書のような内容となっている。中でもモビリティに関する提案は、計画の骨子のひとつだ。ここではモビリティの項目に絞り、サイドウォークラボの提案を読み解く。(文:齊藤 せつな)

自家用車に頼らず、快適に移動ができる都市へ

サイドウォークラボが提案するモビリティの基本的な考え方はMaaSの概念そのものだ。公共交通、自転車、歩行を基本として、シェアリングサービス、デマンド交通、ライドシェア、将来的には自動運転車も加えることで多様な移動の選択肢を作り、自家用車を保有する必要なく、快適な移動を目指すというもの。もちろん、これらは統合されて、住民は定額制で利用できるようにする。なお、MIDP本文中ではMaaSという言葉は用いられていない。「自家用車を保有する必要を減らす、安全で、便利で、つながる、手頃な交通システム」と説明されている。交通システムの根底には、「移動権」を保証すること、つまり「だれもが自由に移動できること」が重視されていると考えられる。

ではなぜMaaSの概念を基本とするのか。MIDPでは自家用車を手放すことは、住民の生活を豊かにするものだと強調している。豊かな暮らしを実現する上で、統計的な数値以上の意義があるという。例えば、長時間の自動車通勤による無駄な時間を、家族と過ごす時間や、ビジネスの機会に変える。自動車に関連する無駄な出費は、節約できるし、バケーションに変えることもできる。自動車通勤は疲弊するが、快適に移動ができれば落ち着いて、心構えができた状態で仕事を始められるなどと説明している。

そしてMaaSの概念を基本としながら、サイドウォークラボの提案は、革新的な点がいくつもある。1つは、自動運転車やライドシェア、リアルタイムの交通制御や、MaaSの概念といった新しい技術やサービスをふんだんに取り入れながらも、実現へのステップをはっきりと示していることだ。多様な交通手段を示しながらも優先順位が明確で、むやみに新しい技術やサービスに飛びつかない。まずは公共交通+歩行者+自転車を重視し、新しい技術やサービスに対しては、人々の豊かな暮らしにとって有用な存在になるよう、提案していく姿勢を示す。また、資金調達や政策提言、マネジメント団体の設立などのソフト面、道路空間のデザインなどハード面も含む都市の一体的なシステムを提案していることも従来にはないモビリティの提案である。

新しい技術が実装された道路空間の様子


実現への明確な3つのステップ

MaaSを実現する第一歩は、既存の公共交通を延ばすことだという。21世紀の都市開発で19世紀の技術に頼るのは、イノベーティブではない、と思うかもしれない。しかし、高密な都市の中で大量の人を輸送するのに、最も効率がよく、経済的なことは自明だと強調している。トロント市の場合、既にLRT(Light Rail Transit)網が整備されていることを尊重して、LRTを延伸するという。再開発地区と既存の市街地をつなぐことで、多くの人が通勤などに利用できる。

MIDPが革新的なのは、
※このコンテンツは会員限定です。無料会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

ログイン

1 2

ログイン

ページ上部へ戻る