ニュース

【トヨタファイナンス×ほけんの窓口】名古屋で保険ショップ開業

2020/10/16(金)

写真:Adobe Stockより

トヨタファイナンシャルサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社、ほけんの窓口グループ株式会社の3社は10月15日、共同事業を開始する事で合意した。今月末に名古屋でトヨタファイナンスが代理店となり、来店型の保険ショップをオープンする。
トヨタファイナンシャルサービスはトヨタグループの金融事業を統括する会社。また、モビリティサービスブランド「KINTO」を国内外で展開するほか、決済アプリ「Toyota Wallet」の運営なども行っている。

トヨタファイナンスはトヨタグループの国内金融事業を担っており、トヨタファイナンシャルサービスの100%子会社。これまで全国のトヨタ販売店と連携しながら、自動車のファイナンスやリースといった販売金融事業や、クレジットカード事業などを展開してきた。

ほけんの窓口グループは、来店型の保険ショップ事業を柱に全国展開を行っている。2020年6月時点で保険ショップの店舗数は687にのぼる(同社Webサイトの発表による)。

3社は「地域のお客さまに寄り添って生活ニーズをサポートしていく」という事業方針で合致し、今回の共同事業開始に至った。10月30日にトヨタファイナンスを募集代理店とした来店型保険ショップ「ほけんの窓口」を名古屋駅前にオープンする予定。

将来的には顧客のさまざまな生活ニーズをサポートする地域密着型サービスを発展させるため、トヨタ販売店とも連携しながら協力を深めていく方針だ。

編集部コメント:今後「トヨタ販売店と連携」する方針である点は要注目です。すでに販売店で各種保険に加入できるサービスはありますが、来店して保険を選ぶショップの機能をトヨタ販売店が持つようになれば、「車を買いに行ったついでに損保・生保を」から「保険の相談に行ったついでに車の購入やモビリティサービスの利用を」という未来がやってくるのかもしれません。

ログイン

ページ上部へ戻る