ニュース

トヨタ、配車サービス向けトータルケアサポート開発 シンガポール・Grabから導入

2018/12/19(水)

12月18日会見を行った、TMAP・松田進社長(右)とGrabのHead of Regional Operations・Russell Cohen氏(左)

18日会見を行った、GrabのHead of Regional Operations・Russell Cohen氏(左)とTMAP・松田進社長(右)

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は12月18日、配車サービス事業者向けトータルケアサービスを開発したと発表を行った。トヨタ販売店と配車サービス事業者が共通の情報プラットフォーム上で車両データを共有し、車両管理、保険、メンテナンス等を一貫して行うもの。このトータルケアサービスを、まずはシンガポールにおいてアジアの販売統括会社であるトヨタ・モーター・アジア・パシフィック(以下、TMAP)と連携し、東南アジア配車サービス大手であるGrab Holding Inc.(以下、Grab)が保有する車両1,500台に提供する。
TMAPとGrabは、このサービスを段階的に東南アジア全域のGrab車両へ適用すると同時に、東南アジア地域内のGrabのトヨタ車比率を2020年までに25%引き上げることを目指すとしている。また、Grabは今後、ビジネスの効率化に向け、トヨタ生産方式を様々なオペレーションに適用する方針だ。

このサービスでは、車両に搭載された通信型ドライブレコーダー「TransLog」から、トヨタが構築したコネクティッドカーの情報インフラである「モビリティサービスプラットフォーム(以下、MSPF)」に収集される走行データを、Grabとトヨタ、トヨタ販売店が相互に活用することで、安心・安全な配車サービスが実現できるという。また、トヨタ販売店では、Grab車両専用にトヨタ生産方式による高効率のメンテナンスサービスを提供する。

■走行データの活用

トラブル時の車両状態を把握することにより、Grabセンターがドライバーをサポートし、運転挙動を踏まえた各種アドバイスを実施する。また、トヨタ関係企業(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の現地子会社)が走行データ連動型自動車保険を提供しており、安全運転の向上と保険料の低減が可能となる。メンテナンスにおいては、各車両の走行状況、車両状態に関するデータを基に、メンテナンス時期の最適化を行う。また、トヨタのシンガポールにおける販売店であるBorneo Motors(Singapore)に、トヨタ生産方式のノウハウを駆使した超高効率メンテナンスを実現するICS(Intensive Care Stall)を設置し、配車サービス車両の非稼働時間を短縮するとともに、メンテナンスコストの低減を図る。

MSPFを活用した協業のイメージ(出典:TOYOTA Global Newsroom)

MSPFを活用した協業のイメージ(出典:TOYOTA Global Newsroom)


■Grab Ming Maa(ミン・マー)社長のコメント

「トータルケアサービスをGrab車両に展開すべく、トヨタと協力することを楽しみにしています。メンテナンスにデータ分析を活用することで、ドライバーにより安全な車両を提供し、東南アジアの交通社会をより安全なものにすることができると考えています。」

■トヨタ 友山茂樹副社長(コネクティッドカンパニー プレジデント)のコメント

「トータルケアサービスは、配車サービス事業者のオペレーション効率の向上に貢献するとともに、ドライバーおよび利用者の皆様への、より安心、安全で高品質なモビリティサービスの提供に繋がります。この取り組みはシンガポールを皮切りに、他の東南アジア諸国、そしてグローバルでも段階的に広げていきます。」

ログイン

ページ上部へ戻る