ニュース

ヤマハ発動機、Grabと戦略的業務提携に合意 新たなモビリティサービスを目指す

2018/12/13(木)

ヤマハ発動機株式会社(以下「ヤマハ発動機」)は、東南アジア配車サービス最大手のGrab Holdings Inc.(以下「Grab」)と、インドネシアを中心とした東南アジア地域における二輪配車事業に関連した戦略的業務提携に合意した。また、ヤマハ発動機はGrabに対して1.5億米ドルの出資を決定。
 

提携内容は以下のようになっており、

1)ヤマハ発動機が持つ二輪車の安全に関する技術やノウハウを活用することで、二輪配車サービス需要に対して安全・安心を見える化し、サービス利用者の満足度向上を目指す

2)二輪配車サービス従事者(二輪タクシードライバー)・検討者に対して、二輪車購入のハードルを下げるスキームを構築する

などに取り組み、ソリューションと変革を通じて次世代のモビリティサービスの実現を目指す。

Grabのサービスは2012年の創業以来、25億回以上の利用があり、その地域は8ヵ国、235都市に広がっている。現在、Grabのアプリは1億2,500万台以上の携帯端末にダウンロードされ、ユーザー数は800万人以上に上る。配車サービスのみならず、フードデリバリーや宅配サービスなどこの地域で幅広いサービスを提供している。

今回の提携はヤマハ発動機が12月11日に発表した2030年長期ビジョンの一環として、ロボティクス技術活用(Advancing Robotics)、社会課題へのヤマハらしい取り組み(Rethinking Solution)、モビリティの変革(Transforming Mobility)を推し進めることで、人々の可能性を拡げ、より良い社会と生活の実現を目指している。Grabとの提携によって、Grabが持つ東南アジアにおける顧客基盤および二輪配車事業に関する知見が今後のヤマハ電動機の商品開発に活用されるだろう。

■関連記事




 

ログイン

ページ上部へ戻る