ニュース

全但バスとヤマト運輸、貨客混載を活用した手ぶら観光サービス開始 インバウンド需要に対応

2018/12/19(水)

12月18日、城崎温泉ツーリストインフォメーション「SOZORO」で行われた出発式の様子

12月18日、城崎温泉ツーリストインフォメーション「SOZORO」で行われた出発式の様子

全但バス株式会社(以下、全但バス)とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、12月19日から、関西地域で初めて、高速バスによる“観光支援型”貨客混載を活用した新しい手ぶら観光サービスをスタートすると発表した。
全但バスとヤマト運輸は、2017年6月から兵庫県豊岡市の神鍋地区において、路線バスで宅急便を輸送する貨客混載事業を開始している。過疎化や高齢化が特に顕著な中山間地域において課題となっていた、バス路線網の維持と物流の効率化による地域住民の生活サービス向上を目的に、両社が相互に連携を図りながら取り組みを進めていた。

豊岡市には、関西でも有数の温泉地として知られる城崎温泉があり、近年では多くの訪日旅行者が訪れるなどにぎわいを見せている。しかし、多くの旅行者は荷物を持ったまま移動することが多く、身動きがとりづらいため十分に観光を楽しめず、結果として城崎温泉周辺での滞在時間が短くなってしまうという課題を抱えていた。今回、両社は観光支援の面でも連携を深め、高速バスを利用した貨客混載によって城崎温泉から大阪市内のホテルへの手荷物の当日配送を開始し、関西地域を周遊する旅行者のスムーズな観光の実現を目指す。

■サービス概要

手ぶら観光サービスのサービスフロー

手ぶら観光サービスのサービスフロー



利用者は、全但バスが運営する城崎温泉ツーリストインフォメーション「SOZORO」のサイト、もしくはインバウンド向け宿泊予約サイト「Visit Kinosaki」で、手ぶら観光サービス(ハンズフリートラベルサービス)の利用を事前に申し込むと2次元コードが発行される。そのコードをチェックアウト後に「SOZORO」のカウンターに手荷物を持ち込み、発行された2次元コードをかざすと、宅急便の送り状が発行される仕組み。送り状を手書きする手間を短縮し、かつ身軽に観光することができる。城崎温泉で預けた手荷物は、宿泊先となる大阪市内のホテル(注:大阪市北区・福島区のみ)でチェックイン時に受け取ることができる。また、「SOZORO」のカウンターで預ったした荷物は、ヤマト運輸が高速バスによる「客貨混載」で輸送する。

全但バスとヤマト運輸は、増加するインバウンド需要への対応をを含め多くの顧客へとサービス展開を行うため、両社の連携を強化し城崎温泉-大阪の区間のみならず、他の地域でも貨客混載を活用した手ぶら観光サービスの拡充を検討していく方針だ。

ログイン

ページ上部へ戻る