ニュース

フォルクスワーゲン、地下駐車場でも使える充電ロボのプロトタイプを発表

2021/1/12(火)

フォルクスワーゲンは昨年12月28日、全自動で動作する充電ロボットのプロトタイプを発表した。

今回発表した充電ロボットは、電気を蓄えるエネルギー貯蔵ユニットと貯蔵ユニットを牽引するトレーラーで構成されている。ユニットとトレーラーは切り離しが可能であり、充電中の貯蔵ユニットは車両のそばに留まる。充電が終了すると、ロボットが貯蔵ユニットを回収し、中央充電ステーションへと戻す。

この充電ロボットの特徴は、充電プロセス全体を人の関与なしで行う点だ。車両の充電ソケットフラップの解除やプラグの接続および接続解除も、ロボットが独立して操作する。地下駐車場などの制限された駐車場でも運用可能であり、充電インフラの建設に必要な作業と潜在的コストの削減を見込んでいる。

すべての充電に関する活動や充電システム開発は、将来的にフォルクスワーゲングループコンポーネントが担当する予定だ。同社のCEOであるトーマス・シュマル(Thomas Schmall)氏は、以下のように述べている。
「将来に向けて効率的な充電インフラストラクチャを構築することは、セクター全体に挑戦する中心的なタスクだ。私たちの開発は、顧客のニーズや電気自動車の技術的前提条件だけに焦点を当てているわけではない。潜在的なパートナーに提供する経済的な可能性についても検討している。」(一部抜粋)



(出典:フォルクスワーゲン Webサイトより)

ログイン

ページ上部へ戻る