ニュース

WHILL、CES2019に出展 自動運転システムで高齢者の移動を援助

2019/1/7(月)

WHILL株式会社(以下、WHILL)は、2019年1月8日~11日の4日間、アメリカ・ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大級の家電・エレクトロニクス技術展示会「Consumer Electronics Show(以下、「CES」) 2019」で、「WHILL自動運転システム」を出展する。「WHILL自動運転システム」は、WHILLが独自に開発した自動運転・自動停止機能などを備えた「WHILL自動運転モデル」および、複数の機体を管理・運用するシステムから成るもので、長距離の歩行を困難と感じる高齢者・障害者の移動シーンをスマートにする、これまでのMaaSになかった、歩道領域における自動運転システムだ。

「WHILL自動運転システム」 開発の背景

日本の後期高齢者(75歳以上)は1,748万人で、総人口に占める割合は13.8%であり、またその過半数が、500メートルを超えて歩行するのが困難と感じている。他方で、全世界的な高齢化の影響で、長距離歩行が困難と感じる人は日本以外でも増えていくことが想定され、高齢者の介助に関する人手不足も大きな課題である。

そのような状況を受け、WHILLは、歩行困難者の社会参加の機会を増やすとともに、介助などの負荷を軽減したいと考え、今回、空港など施設内での利用を想定した「WHILL自動運転システム」を開発した。本システムは、初めて操作する方でも簡単・安全に操作できるユーザビリティと自動停止機能、車椅子の回収の人手を減らす自動運転機能などを搭載している。これによって、移動に困難を伴う人にとって移動が快適なものとなるだけでなく、施設運営事業者などにとって、運用費用を大幅に削減することができ、介助されていた椅子利用者が、自分で自由にモビリティを運転することで、施設内での回遊を促進し、消費の拡大も見込まれる。さらには、長距離を歩くことを負担と感じ、移動を控えがちだった客層の新たな取り込みなども期待される。

CESでお披露目する自動運転WHILL(プロトタイプ)

CESでお披露目する自動運転WHILL(プロトタイプ)


WHILL株式会社代表取締役兼CEO杉江理氏コメント

「A地点からB地点からの移動を最適化するMaaS事業において、目的地までの数キロメートル、ラストワンマイルをつなぐ、だれもが安全に乗れるインフラは、まだ存在していません。WHILLはそこで、『最後の1ピース』としての役割を果たし、すべての人の移動をシームレスに繋ぎ、歩道領域の移動にイノベーションを起こします」

1 2

ログイン

ページ上部へ戻る