ニュース

WILLER EXPRESSが高速バスの運行再開を発表 6月から7路線で

2020/5/22(金)

画像:WILLER EXPRESSが実施する3密回避策のイメージ

WILLERのグループ会社であるWILLER EXPRESS株式会社は、高速バスの運行再開に向けた衛生管理対策を発表した。

同社の発表によると、「withコロナの長期化を見越し、移動を必要とするお客様が安心して移動いただける」ことを目指し、運行再開に向けて具体的な衛生管理の対策を整えたとしている。

具体的な対策は主に以下の4点。
(1)5分で車内の空気を入れ替えられる外気モードを常時稼働した換気により、密閉回避
(2)隣の空席を確約する車内のフィジカルディスタンシング(ソーシャルディスタンシング)により、密集回避
(3)運行毎に使い捨てするフェイスカバーを装着した飛沫感染対策カノピー※1の設置により、密接回避
(4)乗車前の検温実施により、衛生管理
※カノピー: WILLER EXPRESSが一部のバスで導入している、座席に設置するフード。利用者がプライベート空間を確保するために用いられる。上記画像右が実際のカノピー。

WILLERは、上記の衛生管理対策を徹底した上で、高速バスの運行を6月1日から再開する方針だ。再開するのは、東京~仙台、東京~新潟、東京~長野、東京~名古屋、東京~大阪、大阪~名古屋、大阪~広島の7路線。6月出発の便は5月22日から販売を再開、7月出発分は6月中旬に販売する予定とのことだ。

ログイン

ページ上部へ戻る