ニュース

医療現場に温かい料理と休息場所を! MellowとCarstayが共同プロジェクト トヨタグループも協賛

2020/5/1(金)

「モビリティで医療従事者支援 〜フード&シェルタープロジェクト〜」イメージ画像

「モビリティで医療従事者支援 〜フード&シェルタープロジェクト〜」イメージ画像

モビリティビジネス・プラットフォーム「TLUNCH」を展開する株式会社Mellow(以下、Mellow)と、車中泊に特化したクルマのプラットフォーム事業などを展開するCarstay株式会社(以下、Carstay)は、新型コロナウイルス感染症の最前線で闘う医療従事者を支援するプロジェクト「モビリティで医療従事者支援 〜フード&シェルタープロジェクト〜」を共同で開始した。また、同プロジェクトはトヨタファイナンシャルサービス株式会社(以下、TFS)や株式会社KINTO(以下、KINTO)が協賛。支援活動資金の一部を拠出する。

今回発表したプロジェクトは、フードトラックと空きスペースをマッチングするプラットフォーム事業を展開するMellowと、キャンピングカーなど車中泊仕様の車両に特化したカーシェアサービス「バンシェア(VAN SHARE)」を展開するCarstayが、それぞれのモビリティサービスが持つ強みを活かして実施。

5月初旬から東京をはじめとした関東圏の病院に、Mellowがフードトラックを、Carstayがキャンピングカーを派遣し、新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医療従事者へ食事と一時休息スペースを無償提供する。期間は1カ月から3カ月程度を想定している。

新型コロナウイルス感染が拡大する中、医療従事者は人手不足や長時間にわたる医療活動により食事を十分に摂れなかったり、休憩する空間が不足していたりと、数多くの課題を抱えている。両社は、今回のプロジェクトにより医療従事者の必要不可欠な食事と休息スペースの課題解消を目指すとしている。
「モビリティで医療従事者支援 〜フード&シェルタープロジェクト〜」共同プロジェクト概要

共同プロジェクト概要



このプロジェクトに協賛するTFSとKINTOは、Carstayの医療機関へのキャンピングカーなどの提供にかかる費用、Mellowの食材・交通にかかる費用などを支援すると発表。デンソーも同プロジェクトに賛同し、キャンピングカー内の除菌、消臭のために車両用クレベリンを無償で提供する。

■Mellow 関連記事


■Carstay 関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る