ニュース

DeNA 次世代配車アプリをリブランディング 東京、京阪神エリアへ範囲拡大

2018/11/15(木)

DeNAが提供している次世代タクシー配車アプリ「タクベル」は、全国展開を機にリブランディングを決定し、12月5日から新名称「MOV(モブ)」に変更すると発表した。また、同日より東京23区を中心としたエリアでサービスを開始する。2019年春には京阪神エリアでの展開が決定し、そして順次に都市圏を中心に全国各地へ拡大していく予定。

次世代タクシー配車アプリ「タクベル」はこれまで、一般社団法人神奈川県タクシー協会と連携しながら神奈川県内でサービスを展開してきた。さらにサービスの範囲を拡大し、タクシー業界に新しい風を起こすことを狙い、リブランディングを行う。「ちょっと先の未来(新しさ)」+「移動」を感じてもらえるようなコンセプトとして新名称を考案した。

「MOV」の名称は、「移動、人の心を動かす、感動させる」などの意味を持つ「MOVE」が由来で、ロゴデザインは、上空から見た車をシンプルに抽象化して表現している。「MOV」というサービスを通して、新しいタクシー移動体験の提供を目指している。

■関連記事




ログイン

ページ上部へ戻る