有料会員限定記事

富士通が映像解析プラットフォームを発表 モビリティデジタルツインの実現へ

2020/9/14(月)

イメージ画像

画像:Adobe Stockより

富士通は、自動車から得たデータを解析、利活用するためのプラットフォーム「Digital Twin Analyzer(デジタルツインアナライザー)」の販売を9月25日に開始すると発表した。AI画像認識技術と高精度三次元位置推定技術などの特長を生かし、テレマティクス保険への応用などに期待が掛かる。この製品の展開を通じて、富士通は「モビリティデジタルツイン」の実現をめざす。

「Digital Twin Analyzer」とは

「Digital Twin Analyzer」とは
(資料提供:富士通)



「Digital Twin Analyzer」は、ドライブレコーダーなどの車載カメラが得た映像を解析し、データ活用を行うためのプラットフォームだ。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する製品として開発された。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 60571
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る