ニュース

JapanTaxiとMOVの統合新アプリ「GO」9月に先行リリースへ

2020/7/29(水)

株式会社Mobility Technologies(以下、MoT)は、タクシーアプリ「JapanTaxi」と「MOV」の統合に伴い、新アプリ「GO(ゴー)」を2020年9月にリリースすると発表した。首都圏、京阪神を中心とした全国17エリアでサービスを開始し、順次エリア・機能を拡充する方針だ。7月現在で全国約10万台※1のタクシーと連携しており、さらなる拡大を目指す。
※1 MoTが発表した2020年7月29日時点の数字
MoTは、タクシーアプリ「JapanTaxi」とDeNAの「MOV」との事業統合により、2020年4月から新体制でスタートした。同社の発表によると、コロナ禍の影響でタクシーアプリの利用数は減少したが、その一方で新しい生活様式への対応や、タクシーを探す手間の削減やキャッシュレス導入など、アプリの特徴を生かした安全・安心な乗車体験への評価が高まっているという。

当初アプリのリリースは今年度後半に設定していたが、エリアや機能を絞った形で先行リリースしてタクシー事業全体の回復を目指す。

新アプリ「GO」は「MOV」をベースとしたアプリで、「MOV」と提携するタクシーに加え、「JapanTaxi」アプリとの提携タクシーへも配車注文が可能だ。タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と高度な配車ロジックによって、アプリユーザーと近くのタクシー車両とのマッチング精度を向上させることで、より「早く乗れる」体験を追求している。

9月の開始時点では、「MOV」がサービス展開を行っている全国7エリアに、「JapanTaxi」アプリでタクシー車両へ直接配車注文を送っている「JapanTaxi DRIVER’S」対応エリアの一部を加えた全国17エリア※2からサービスを開始する予定。その後、移動ニーズが高まる年末に向けて対応エリアや機能の拡充を行う。
※2 GOを展開する17エリア: 東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、京都、大阪、兵庫、滋賀、愛知、奈良、宮城、三重、岐阜、広島、福岡

MoTの発表によると、タクシーアプリの運営は今後「GO」へ一本化する。一方で、並行して「JapanTaxi」アプリのサービスも一定期間は継続する方針。「JapanTaxi」アプリサービスの終了時期は別途ユーザーに連絡するとのことだ。

ログイン

ページ上部へ戻る