ニュース

三菱自動車と三菱商事 インドネシアのモビリティサービス大手GOJEKに出資提携

2019/7/8(月)

三菱自動車と三菱商事は7月8日、重要市場である東南アジア地域におけるバリューチェーンの革新に取り組むため、MaaS分野の注目企業であるインドネシア発モビリティサービス大手GOJEK社(本社:インドネシア ジャカルタ、ゴジェック)に出資し、今後3社で共同プロジェクトを協議するパートナーシップに関する覚書締結を発表した。今後、GOJEKのプラットフォームを活用し、新たなモビリティサービスを検討する。
GOJEKは、2010 年の設立以降、オートバイ・車の配車サービスのほか、資金決済やフードデリバリー、運輸やその他のオンデマンドサービス等の幅広い分野でサービスを提供するデジタルプラットフォームの運営を通じて、東南アジアの消費者の生活をサポートしている。デリバリー事業や配車サービス事業では同地域最大手の一角を占めており、特にインドネシアでは登録ドライバー、ユーザー数とも同国最大のシェアを誇るなど、デジタルライフのインフラとして確固たる地位を築いている。

今回、三菱UFJリースからの投資も同日に発表されており、両社が保有するさまざまな機能・知見・ノウハウの相互提供等を通じてパートナーシップを強化し、モビリティやデジタルの分野を中心に、新たなビジネスモデルの展開を目指す。

今回の出資を受け、GOJEKグループ社長Andre Soelistyo氏は、「三菱自動車と三菱商事はこれまで世界中のお客様に、長年、信頼性と品質の高い製品、サービス、技術を提供してきており、両社との提携を誇りに思います。新たな技術を通じて東南アジアの人々の日常生活を向上させるという当社のビジョンに両社に共感いただいたことを嬉しく思います」と述べた。

三菱自動車の益子修会長は、「インドネシアを代表するスタートアップ企業であるGOJEKとパートナーシップを結べたことを大変嬉しく思います。長い歴史やブランド力を持つ三菱の自動車事業と、新しい価値観を持つ若い世代が経営するGOJEKのビジネスポテンシャルを掛け合わせることで、両社Win-Winの大きなシナジーを生み、東南アジアで新たなモビリティサービスを実現することが楽しみです。また当社にとって、東南アジアで急速に普及しているモビリティサービスのノウハウの蓄積、市場参入の機会を得ることは、今後の成長に資すると確信しています。長年のパートナーである三菱商事とも引き続き協働して東南アジアでの事業拡大に取り組んでいきます」と述べた。

ログイン

ページ上部へ戻る