ニュース

博報堂とヴァル研究所、MaaS開発で業務提携を発表

2020/6/30(火)

業務提携のイメージ

業務提携のイメージ
ヴァル研究所 プレリリースより

株式会社博報堂(以下、博報堂)とMaaSの根幹となる乗り換え案内サービスなどのシステムを開発・提供している株式会社ヴァル研究所(ヴァル研究所)は、地域の移動課題、社会課題の解決を目的とした新たなMaaS開発を目指し、業務提携契約を締結した。
今回の業務提携により、博報堂のサービスデザイン力と、ヴァル研究所のシステム開発力を掛け合わせ、生活者にとってより良いMaaSの開発を目指す。

具体的には「自家用車を活用した移動サービスのシステム開発」、「公共交通と自家用車の移動サービスの統合システム開発」、「交通サービスと商業施設や医療施設との連携」、「交通サービスと生活インフラサービスとの連携」のテーマに取り組む予定だとしている。

博報堂は、「欧米のように公共交通と自家用車が対立するのではなく、協調することこそが日本版MaaSのあるべき姿」との考えを示している。

今後、さまざまな企業との協働、地域での実証実験を経て、新たなサービスを実用化していく考え。

ログイン

ページ上部へ戻る