有料会員限定記事

水素の利活用・プロジェクトまとめ【2020年~2021年9月】

有料会員限定記事

2021/10/4(月)

三菱重工らが手掛ける
水素プロジェクト

SDGsやカーボンニュートラルは、近年の世界的な流れだ。発電についても、CO2排出量を減らすという取り組みも進んでいる。水素発電もその1つであり、提携する企業・自治体も登場した。当記事では、水素やFC技術の利活用やプロジェクトについてまとめる。

三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)


三菱重工、スウェーデンの総合エネルギー会社であるバッテンフォール社(Vattenfall)、オランダのグローバル石油会社であるシェル社(Royal Dutch Shell plc)、およびハンブルク熱供給公社の4社で構成するコンソーシアムは、水素プロジェクトの推進について合意した。ドイツ・ハンブルク港近郊にある閉鎖予定の石炭火力発電所跡地を活用し、再生可能エネルギー由来の電気を利用して水電解装置で水素を製造する、いわゆるグリーン水素を製造・供給・利用する事業の実現可能性を共同で検討する。三菱重工が2021年1月22日付けで発表した。

建設する水素製造プラントは、2025年ごろに完成および運転開始の予定だ。建設地は既に380kVと110kVの送電網に接続されており、周辺港湾では海外の船舶が停泊する。船舶向けの水素・アンモニア燃料供給の需要を見込んでいる。

発電所跡地の活用には、クリーンエネルギーの中心地(グリーンエネルギーハブ)として発展させていく狙いもある。洋上風力などの再生可能エネルギー電源をベースに、将来的にどの程度のクリーンエネルギーを生産・供給できるかについても検討する予定だ。必要な水素の供給網整備や貯蔵能力などについてもさらなる検討を実施する。



※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

get_the_ID : 103605
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る