有料会員限定記事

「Izukoで観光客は増えたのか?」日本初の観光型MaaS実証の最終フェーズ、今秋実施へ

2020/7/8(水)

伊豆エリアの人気観光地「下田」

東急株式会社(以下、東急)が伊豆エリアで進めている観光型MaaS “Izuko”の実証実験のフェーズ2が、2019年12月1日から2020年3月10日までの約190日間行われた。

フェーズ2では、フェーズ1の課題を踏まえて、サービスエリア拡大やメニュー拡充などさまざまなバージョンアップが行われたが、中でも専用アプリケーションからWebブラウザに切り替えた「脱アプリ」は大きな注目を集めた。

フェーズ2の成果と見えた課題、今秋から予定されているフェーズ3に向けた意気込みを東急株式会社都市交通戦略企画グループ課長の森田創氏に聞いた。

■「脱アプリ」でデジタルチケット販売数は約5倍に

―...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る