ニュース

アリの群体行動から分散型シェアライドサービスを提案 京都工芸繊維大学

2018/10/24(水)

自動運転車の配車システムや郊外地域でのサービス供給などを表現した模型

自動運転車の配車システムや郊外地域でのサービス供給などを表現した模型

京都工芸繊維大学のKYOTO Design Labが主催する「デザイン・アソシエイト・プログラム*1」に参加したインタラクティブ・デザイナーのデザイナーのヘンリック・ニーラチュカー氏*2が、アリの群体行動を研究する生物学者との協働から、高齢化社会における分散型シェアライドサービスを提案した。

ヘンリック・ニーラチュカー Henrik Nieratschker [MA, RCA, Design Interactions]

ヘンリック・ニーラチュカー
Henrik Nieratschker [MA, RCA, Design Interactions]

プログラムのディレクターを務めるジュリア・カセム特任教授とヘンリック・ニーラチュカー氏は、京都工芸繊維大学の応用生物学の教授らと共同研究をおこない、アリのコロニー内でおこなわれている複雑な社会構造やコミュニケーションの仕組みから着想を得たモビリティサービスのデザインに取り組んだ。さらに、超高齢化が進む日本国内の近未来に考えられ得る、自動運転車の配車システムや郊外地域での適切なサービス供給などを、アニメーションや試作模型を通じて提案した。



アリ・コロニー内の行動を模した配車サービスのダイアグラム図

アリ・コロニー内の行動を模した配車サービスのダイアグラム図


プロジェクトのテーマは、「私たちは、昆虫の社会的な振る舞いから何を学び、どのようにコミュニティベースの新しいライドシェア開発に活かすことができるのだろう?」、そして「データの安全性を保証し、信頼を基盤としたシステムの確約は、どのように可能だろう?」だ。プロジェクトでは、日本が直面しつつある社会問題にアプローチするにあたり、昆虫のコミュニティ形成やナビゲーションパターンの活用方法について検討がなされた。アリなど社会的な昆虫の振る舞いを用いた既存のコンピューターサイエンスを、カーナビゲーションや交通規制のための新しいアルゴリズムの設計に応用した。近い将来訪れる、ドライバーレスのネットワーク化したモビリティ社会に着目したプロジェクトだ。

日本の大学教授とのコラボレーションを経て、ニーラチュカー氏はモビリティと高齢化に関する問題にダイナミックに応答する交通モデルを提示した。今後は、既存コミュニティの仕組みにも着目し、従来とは異なる交通モデルに対する理解と適応を促すための取り組みを行う。また、この一連の研究成果は「社会的な昆虫と現実──集団的知性における実験」と名付けられ、京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 東京ギャラリー(アーツ千代田3331内)で展示され、KYOTO SMART CITY EXPO 2018内のネクストモビリティEXPO 2018では京都府副知事によって招聘展示された。今後は2019年ロンドンでのグループ展示など、国内外での出展を予定しているという。

ネクストモビリティEXPO 2018出展の様子

ネクストモビリティEXPO 2018出展の様子


*1:海外の若いデザイナーを招待し、京都工芸繊維大学の教授陣との協働によって応用的なデザインを研究するためのプロジェクト。

*2:インタラクティブ・デザイナー。ブレーメン芸術大学でデジタル・メディア、同大学院でファインアートを専攻。その後、英国王立芸術学院でデザイン・インタラクションの修士を取得。グラフィック、プロダクト、映像、彫刻、インタラクティブ・メディア、執筆など多岐にわたる作品を手がける。現在は個人のプロジェクトに加え、実験的なデザインスタジオ「proto/meta」とキュレトリアル・アート・コレクティブ「Research and Waves」の共同設立者としても活動している。

ログイン

ページ上部へ戻る