ニュース

横浜市、東急電鉄、NTT ドコモ、NTT 「データ循環型のリビングラボ」共同実証実験をたまプラーザで開始

2019/6/11(火)

横浜市、東急電鉄、NTT ドコモ(以下、ドコモ)、NTTは、6月7日、横浜市と東急電鉄が推進する「次世代郊外まちづくり」のモデル地区「たまプラーザ駅北側地区」(以下、本地区)において、地域住民との連携のもと、まちの課題解決やコミュニティ活性化を目的に、新たな取り組みとなる「データ循環型のリビングラボ(以下、本スキーム)」に関する共同実証実験(以下、本実験)の開始を発表した。
本スキームは、まちに関するデータを活用し、地域住民が主体となり、まちの課題解決に向けた取り組みを行うことを支援・加速する仕組みだ。本実験では、地域住民が設定した地域課題「コミュニティ活性化」に対して、「まち歩きサービス」と「地域チャットボット」という2つのICTサービス(以下、ICTサービス)を提供し、その活用を通じて住民の関心ごとや活動エリア、まちのイベント情報などのまちに関するデータを収集する。そして、収集データを地域住民に共有し、ワークショップなどで活用することで、ICTサービスの導入に向けた検討・検証を行う。さらに、データを可視化して共有することで、新たなまちの課題や住民のニーズに気づくきっかけをつくり、地域住民による新たな活動の創出をめざす。

本実験は、本地区における地域の課題解決やコミュニティ活性化、本スキームの有効性や、ICTサービス・ワークショップ手法の有用性検証を目的とする。2019年6月15 日(土)~2020年3月16日(月)までの期間行い、本地区に在住・在勤、もしくは本地区で活動する方々などを対象者とする。

また本実験を開始する 2019年6月15日(土)に、多くの方々の参加促進を目的として、地域住民向けのキックオフイベントを実施し、概要を説明するとともに、実際にICTサービスを体験できる機会を設ける。

キックオフイベント基本情報

日 時 : 2019 年6月15日(土)11:00~12:00
会 場 : WISE Living Lab 共創スペース(住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘2丁目23番1,3)
プログラム:
・本実験の目的・内容について
・4者の取り組み意義について
・住民の方々が本実験に期待すること(企画や準備に携わる住民の方々より発表)
・ICT サービスのデモ体験
・ワークショップ~本実験でやってみたいこと~

ログイン

ページ上部へ戻る