有料会員限定記事

電動キックボードは本当に日本に必要か?Luupがモビリティシェアを自転車から始めた理由

2020/6/26(金)

株式会社Luup代表取締役社長の岡井大輝氏

株式会社Luup代表取締役社長の岡井大輝氏

株式会社Luup(以下、Luup)は小型電動アシスト自転車を用いた短距離移動シェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」を、5月末から東京都渋谷区など都内6エリアで開始した。現在、飲食店や駐車場などの空きスペースを活用した専用ポートを65カ所(6月1日時点)設置している。電動キックボードの事業者として知られるLuupが、なぜ自転車のシェアサービスを始めたのか。その背景や今後の展望について代表取締役社長の岡井大輝氏(以下、岡井氏)に話を聞いた。

―なぜ今、自転車のシェアサービスを始めたのでしょうか?

岡井氏:元々は今秋サービス開始予定で準備していました。しかし、新型コロナウイルスの感...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

ログイン

ページ上部へ戻る