有料会員限定記事

電動キックボードは本当に日本に必要か?Luupがモビリティシェアを自転車から始めた理由

有料会員限定記事

2020/6/26(金)


街中でも配置しやすい小さな機体と短距離移動者に向けた料金設定


■日本で電動キックボードは受け入れられるのか?

―規制緩和の状況を見つつ、社会への認知と機体開発を並行して進めているわけですね。

岡井氏:はい。創業期は電動キックボードの社会実装への道筋を正確に理解できていませんでした。しかし、ここ数年電動キックボードの適正な規制について考えるうちに、社会に電動キックボードなどの新しい乗り物について受け入れてもらうためには段階が必要なのだと考...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

get_the_ID : 53995
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る