ニュース

大阪メトロ、駅構内に商品受取専用ロッカー設置 処方薬も受取可能に

2022/1/5(水)

専用ロッカー設置イメージ

大阪市高速電気軌道株式会社(以下、大阪メトロ)は、近隣店舗の商品を好きな時間に非対面で受け取ることができる「デポる。」の提供を開始する。2021年12月24日付のプレスリリースで明かした。

同サービスは、「生活拠点としての駅機能の強化」と「コロナ禍における新たな生活様式」に対応した新サービスだ。受け取りコード入力により開けることができる専用ロッカーを駅構内に設置する。これにより、ユーザーは通勤や買い物の合間など好きな時間に商品を受け取ることが可能だ。

同サービスの第1弾では、大阪メトロ中央線弁天町駅に専用ロッカーを設置する。同ロッカーでは、株式会社ココカラファイングループが運営する「ココカラファイン薬局弁天町店」で調剤した処方薬を2022年3月1日から非対面で受け取ることができる。

また、同店舗はオンライン服薬指導にも対応している。このため、非対面での処方薬受け取りを希望する場合、「デポる。」と組み合わせることもできる。なお、駅構内の薬局店舗併設型ではない専用ロッカーで処方薬を受け取ることができるサービスは、日本初の取り組みだ。

get_the_ID : 113627
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る